Giveseedストーリー 石賀美紀子 その2

色んな職業を経験してきたおかげでいつしか自分に自信が持てる様になっていました。

そんな中、淡々と過ぎ去る日々に物足らなさを感じ始め、また転職を考え始めた時、ふと目にした求人広告にウェディングプランナー募集があったのです。楽しそう!私向いてる気がする!と根拠のない自信と共に向かった面接。

そこで私はあろう事か「私を雇っても後悔しません!必ず御社の顔になります!」と大口を叩いたのです・・

今思うとよく言ったなと立ちくらみがします(笑)

そんな私に興味を持って頂き、即採用。晴れてウェディングプランナーになりました。

始めてみると、本当に楽しく充実した毎日で、やり甲斐を大いに感じる毎日でした。

お客様のために一生懸命になれる自分が本当に好きになりました。

色んな知識も学び、沢山のお客様やそのご家族と出会い、人の人生を任される仕事に誇りを持つようになりました。すると「石賀さん、天職ですね!」と言って下さる方が増えさらにやり甲斐を感じる日々を送らせて頂きました。

年月は過ぎ、大口を叩いたじゃじゃ馬娘も人の上に立つ立場を任される様になりました。

ですが、人を育てる=現場で担当が持てなくなるという現実に、浅はかだった私は納得ができず、まだ現場でやりたい!やれないなら意味ない!と次のステップへの道を自ら止めてしまったのです。