Giveseedストーリー 3人の出会い

当時、大塚は倉吉市内のホテルでカメラマンとして働いていた。

ある日、新しくブライダルメンバーがやってきた。その女性はプライドの高さそうなツンとした人で、ヒールをカツカツと鳴らしながらやってきた。なんだ?このオーラは・・それがミッキーこと石賀だった。

館内を一緒に見て回っている間、沢山ウェディングについて語り合った。

その短時間の間にも彼女からはどんどんアイデアが出てくる。面白い人がやってきたなあと思ったのもつかの間。

大塚の撮影した写真が飾ってある一角に案内した時、石賀の表情が変わった。

 

石賀:「大塚さん。この写真見て何も思われないんですか?」

大塚:「ん?どした?」

 

石賀:「大塚さんはご自身が撮られた写真に誇りを持たないんですか?」

おいおい。なんだこの攻撃態勢は・・。(あえてこの表現にします笑)

 

そこに飾られていた写真は窓際にあり、日差しのせいで変色し反り曲がっている状態。

石賀には写っている人物さえも色褪せて見えたのだ。

 

「大塚さんはご自身が撮られた写真に誇りを持たないんですか?これ、色褪せてますよ?反り曲がってますよ?

 こんなに素敵な写真なのに何でもっと丁寧に扱わないんですか?写っている人が可哀想!

 魅せたい写真ならこんな飾り方は良くない!ちゃんとフレームに入れて丁寧に飾って下さい!」

(だいぶ柔らしく書いてますが、実際は・・・)

 

石賀をよく知ってる人はきっと読みながら想像つく事だろう・・

マシンガンのように石賀は言いたい放題。(あえての表現です)

 

大塚はびっくりした。こんなにストレートに思った事を言ってくる人は久々だった。

石賀はずっとFBで大塚の写真を見ていた。そして感動し、こんなカメラマンさんに自分の担当する婚礼を撮影して

欲しいなあと思っていたらしい。いわゆる憧れでもあった大塚の写真。その写真を実際に初めて見た瞬間に、悔しさが込み上げてきたと言う。大塚の中で何かのスイッチを押されたような感覚になった。

 

この出来事がきっかけとなり、気がつけば、何でも言い合える信頼関係が生まれ、同じ志でさらにお客様へ一生懸命になっていた。

 

そして、色褪せていた写真たちは撤去され、額装された写真たちが新たな想いと共に並べられた。